神経障害標的エステラーゼ遺伝子とシックハウス症候群 SNP in the promoter of NTE, encoding Neuropathy Target Esterase, is associated with Sick House syndrome

この論文をさがす

著者

    • 松坂 恭成 MATSUZAKA Yasunari
    • 東海大学医学部基礎医学系分子生命科学 Department of Basic Molecular Science and Molecular Medicine, Tokai University School of Medicine
    • 坂部 貢 SAKABE Kou
    • 北里大学薬学部公衆衛生学 Department of Public Health and Molecular Toxicology, Kitasato University School of Pharmaceutical Sciences
    • 石川 哲 ISHIKAWA Satoshi
    • 北里研究所病院臨床環境医学センター Division of Environmental Medical Center, Kitasato Institute Hospital, The Kitasato Institute
    • 木村 穣 KIMURA Minoru
    • 東海大学医学部基礎医学系分子生命科学 Department of Basic Molecular Science and Molecular Medicine, Tokai University School of Medicine

収録刊行物

  • 臨床環境医学 : 日本臨床環境医学会会誌 = Japanese journal of clinical ecology  

    臨床環境医学 : 日本臨床環境医学会会誌 = Japanese journal of clinical ecology 15(1), 7-14, 2006-06-30 

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018256854
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10391262
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09169407
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ