脳研究とリハビリテーション医学 : 経頭蓋磁気刺激と脳の可塑性を中心に no kenkyu to rihahiriteshon igaku : kei togai jiki shigeki to no no kasosei o chushin ni

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

綜説1.脳研究の進歩2.脳の可塑性-リハビリテーション治療はヒトの脳に可塑的変化を生じる1)可塑性とは何か2)物理療法としてのTMS3)rTMS-脳の興奮性を変化させる技術4)疾病へのrTMSの応用5)tDCS:微弱な直流電流が皮質の興奮性を変化させる6)安全性3.今後の展望

収録刊行物

  • 慶應醫學  

    慶應醫學 83(3), 141-149, 2006-09-25 

    慶應医学会

参考文献:  55件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018257349
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00069296
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03685179
  • NDL 記事登録ID
    8520633
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-131
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ