プロカインアミド持続静注が効果的であったWPW症候群の1蘇生例 A Survived Case of WPW Syndrome, Against Which Continuous Administration of Procainamide Was Effective

この論文をさがす

著者

    • 横手 龍 YOKOTE Ryo
    • さいたま赤十字病院救命救急センター Tertiary Emergency Medical Center, Saitama Red Cross Hospital
    • 関井 肇 SEKII Hajime
    • さいたま赤十字病院救命救急センター Tertiary Emergency Medical Center, Saitama Red Cross Hospital
    • 三宅 康史 MIYAKE Yasufumi
    • 昭和大学医学部救急医学講座 Department of Emergency and Critical Care Medicine, Showa University School of Medicine

収録刊行物

  • 日本救急医学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Acute Medicine  

    日本救急医学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Acute Medicine 17(1), 7-12, 2006-01-15 

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018260150
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10284604
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0915924X
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ