結腸結腸瘻および空腸結腸瘻を同時に形成した下行結腸癌の1例 A Case of Descending Colon Cancer with Colocolic Fistula and Jejunocolic Fistula

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

今回われわれは結腸結腸瘻および空腸結腸瘻を同時に形成した下行結腸癌の1例を経験したので報告する.症例は73歳女性.左下腹部腫瘤と貧血を主訴に来院した.下行結腸癌および消化管内瘻形成疑いと診断し手術を施行した.開腹すると,腫瘍は横行結腸に浸潤し,さらにトライツ靱帯から40cm肛門側の空腸にも浸潤し一塊となっていたため,結腸左半切除術と空腸部分切除術を施行した.切除標本では,腫瘍は下行結腸原発で壁外性に浸潤し,横行結腸粘膜と空腸粘膜に瘻孔を形成していた.病理組織学的には中分化型腺癌でリンパ節転移は認めなかった.大腸癌による消化管内瘻形成はまれであり,なかでも結腸結腸瘻と空腸結腸瘻の合併例は初めての報告である.

We report a case of descending colon cancer which formed a colocolic fistula and jejunocolic fistula at the same time. A 73-year-old woman visited our hospital because of left lower abdominal tumor and anemia. We made a diagnosis of descending colon cancer with suspected fistulation into the transverse colon and small intestine. Upon laparotomy, the tumor had infiltrated the transverse colon and the jejunum 40cm on the anal side from the Treitz ligament. Left hemicolectomy and partial resection of the jejunum were performed. On the resected specimen, fistula formation into the transverse colon mucosa and jejunal mucosa was revealed. Histopathological study showed moderately differentiated adenocarcinoma, without lymph node metastasis. The incidence of colon cancer with fistula formation in other intestine is very rare. This is the first report of a synchronous complicated case of colocolic fistula and jejunocolic fistula.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 59(7), 390-394, 2006-07-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018260618
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ