直腸原発悪性末梢神経鞘腫の1例 A Case of Malignant Peripheral Nerve Sheath Tumor of the Rectum

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 藤井 眞 FUJII M.
    • 大阪府立急性期・総合医療センター外科 Department of Surgery, Osaka General Medical Center
    • 田中 康博 TANAKA Y.
    • 大阪府立急性期・総合医療センター外科 Department of Surgery, Osaka General Medical Center
    • 齋藤 哲也 SAITO T.
    • 大阪府立急性期・総合医療センター外科 Department of Surgery, Osaka General Medical Center

抄録

消化管原発の悪性末梢神経鞘腫(MPNST)はまれであり,中でも大腸原発MPNSTは少ない.今回,直腸原発悪性末梢神経鞘腫の1手術例を経験したので報告する.<BR>症例は71歳女性.便秘を主訴に近医を受診し,直腸に腫瘤を指摘され,当科に紹介された.CT・MRI検査にて内部に壊死をともなう直腸原発の腫瘍で,子宮への浸潤および右水腎症を認めた.内視鏡下生検結果は神経鞘腫であったが,悪性を強く疑い,開腹術を施行した.直腸前壁を中心とする腫瘍で,子宮,腟,右卵巣に直接浸潤し,右尿管を巻き込んでいた.隣接臓器合併切除をともなう低位前方切除術を行った.切除標本の病理組織学的所見では,深部では細胞密度が高く異型に富み,悪性末梢神経鞘腫と診断された.術後12カ月の現在再発兆候なく健在である.

Intestinal malignant peripheral nerve sheath tumor (MPNST) is a very rare disease. We report a case of MPNST of the rectum. A 71-year-old female came to our department because of constipation. Barium enema showed irregular narrowing of the rectum. Colonoscopic examination demonstrated rectal tumor 10cm from the anal verge. Biopsied specimens revealed neurilemmoma, but CT and MRI showed the rectal tumor invading to the uterus and the right ureter. Therefore we speculated malignancy. Low, anterior resection with hysterectomy, bilateral salpin-goophorectomy and the right lower part ureterectomy was performed. Histologically, atypical tumor cells were seen closely in deep layer, and then diagnosed as MPNST. There are no signs of recurrence 12months after the operation.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 59(7), 395-398, 2006-07-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018260632
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ