抗動脈硬化作用を有する心血管作動物質としてのレチノイン酸 : その血管内皮機能および血管新生に及ぼす影響の検討 Effects of Retinoic Acid on Vascular Endothelial Cells and Angiogenesis

この論文をさがす

著者

    • 菅原 明 SUGAWARA Akira
    • 東北大学病院総合診療部 Department of Comprehensive Medicine, Tohoku University Graduate School of Medicine
    • 宇留野 晃 URUNO Akira
    • 東北大学大学院腎・高血圧・内分泌学 Department of Medicine, Tohoku University Graduate School of Medicine
    • 斉藤 明子 SAITO Akiko
    • 東北大学大学院小児病態学 Department of Pediatrics, Tohoku University Graduate School of Medicine
    • 工藤 正孝 KUDO Masataka
    • 東北大学大学院腎・高血圧・内分泌学 Department of Medicine, Tohoku University Graduate School of Medicine
    • 伊藤 貞嘉 ITO Sadayoshi
    • 東北大学大学院腎・高血圧・内分泌学 Department of Medicine, Tohoku University Graduate School of Medicine

収録刊行物

  • 脈管学  

    脈管学 46(4), 365-368, 2006-08-25 

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018260717
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00236514
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871126
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ