骨免疫学とは何か : その歴史と展望 The past, present and future of osteoimmunology

この論文をさがす

著者

    • 高柳 広 TAKAYANAGI Hiroshi
    • 東京医科歯科大学大学院分子情報伝達学 Department of Cell Signaling, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University

収録刊行物

  • ホルモンと臨牀  

    ホルモンと臨牀 54(9), 735-742, 2006-09-01 

参考文献:  40件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018261096
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231838
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00457167
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ