抗癌剤5-フルオロウラシルによる胃粘膜障害に対するヒスタミンH_2受容体拮抗薬ラフチジンの効果 PROPHYLACTIC EFFECT OF LAFUTIDINE AGAINST ADVERSE REACTION INDUCED IN RAT STOMACH BY REPEATED ADMINISTRATION OF 5-FLUOROURACIL

この論文をさがす

著者

    • 小谷 透 KOTANI Tohru
    • 京都薬科大学薬物治療学教室 Department of Pharmacology and Experimental Therapeutics Kyoto, Pharmaceutical University
    • 中桐 朱理 NAKAGIRI Akari
    • 京都薬科大学薬物治療学教室 Department of Pharmacology and Experimental Therapeutics Kyoto, Pharmaceutical University
    • 小畑 敦史 KOBATA Atsushi
    • 京都薬科大学薬物治療学教室 Department of Pharmacology and Experimental Therapeutics Kyoto, Pharmaceutical University
    • 加藤 伸一 KATO Shinichi
    • 京都薬科大学薬物治療学教室 Department of Pharmacology and Experimental Therapeutics Kyoto, Pharmaceutical University
    • 竹内 孝治 TAKEUCHI Koji
    • 京都薬科大学薬物治療学教室 Department of Pharmacology and Experimental Therapeutics Kyoto, Pharmaceutical University

収録刊行物

  • 潰瘍 = Ulcer research  

    潰瘍 = Ulcer research 33(2), 167-171, 2006-09-20 

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018262417
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12061777
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09163301
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ