アレンドロネートの胃潰瘍治癒および損傷修復に及ぼす影響 EFFECT OF ALENDRONATE ON GASTRIC ULCER HEALING AND GASTRIC EPITHELIAL RESTITUTION

この論文をさがす

著者

    • 林 周作 HAYASHI Shusaku
    • 京都薬科大学薬物治療学教室 Department of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Kyoto Pharmaceutical University
    • 西川 薫 NISHIKAWA Kaoru
    • 京都薬科大学薬物治療学教室 Department of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Kyoto Pharmaceutical University
    • 竹内 孝治 TAKEUCHI Koji
    • 京都薬科大学薬物治療学教室 Department of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Kyoto Pharmaceutical University

収録刊行物

  • 潰瘍 = Ulcer research  

    潰瘍 = Ulcer research 33(2), 196-199, 2006-09-20 

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018262478
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12061777
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09163301
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ