GOLDのガイドラインがCOPDの管理と治療に与えたインパクト

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

・GOLD (Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease) は, EBM (evidence based medi-cine) に基づいて作成され, 2001年に公表されたCOPD (Chronic Obstructive Pulmonary Dis-ease) の治療と管理に関する国際的ガイドラインである。<BR>・COPDに関して, 定義, 危険因子, 診断, 管理計画, 薬物治療, 患者教育, 急性増悪の7つのキーポイントを指摘している。<BR>・従来の慢性気管支炎や肺気腫などの診断名は用いず, COPDという診断名で新しい定義を規定している。<BR>・COPD発症のもっとも重要な危険因子は喫煙である。<BR>・COPDの診断にスパイロメトリーが必須である。<BR>・COPDの病期分類は, 一秒量 (FEV<SUB>1</SUB>) の程度にしたがって重症度を軽症-最重症の4段階に分類しているが, 新たに呼吸機能は正常であるが呼吸器症状 (咳, 痰) がある群をstage 0として設定し, 早期診断と早期予防を重視している。<BR>・COPDの管理として, 疾患の評価とモニタリング, 危険因子の縮小, 安定期COPDの管理, 急性増悪の管理の4つの要素を指摘している.<BR>・治療は, 全ての病期で, 危険因子の回避 (特に禁煙) とインフルエンザワクチンの接種を推奨している。<BR>・薬物治療と非薬物治療に関して, EBMに基づいて段階的治療を推奨している。

収録刊行物

  • 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 = Japanese journal of pediatric pulmonology  

    日本小児呼吸器疾患学会雑誌 = Japanese journal of pediatric pulmonology 17(1), 4-10, 2006-06-30 

    Japanese Society of Pediatric Pulmonology

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018262538
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10297832
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09183876
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ