小児気管支喘息における肺炎マイコプラズマ特異IgM抗体陽性率 Prevalence of Mycoplasma Pneumoniae Specific IgM Antibody in Childhood Asthma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 白井 潤二 SHIRAI Junji
    • 日本医科大学付属多摩永山病院小児科 Department of Pediatrics, Nippon Medical School Tama-Nagayama Hospital
    • 高瀬 真人 TAKASE Masato
    • 日本医科大学付属多摩永山病院小児科 Department of Pediatrics, Nippon Medical School Tama-Nagayama Hospital
    • 今井 丈英 IMAI Takehide
    • 日本医科大学付属多摩永山病院小児科 Department of Pediatrics, Nippon Medical School Tama-Nagayama Hospital
    • 飛田 正俊 HIDA Masatoshi
    • 日本医科大学付属多摩永山病院小児科 Department of Pediatrics, Nippon Medical School Tama-Nagayama Hospital

抄録

「イムノカードマイコプラズマ抗体®」 (IC-MP) は, 肺炎マイコプラズマ (MP) 特異IgM抗体を定性的に検出するキットで, MP感染の迅速診断に現在利用されている。われわれは, 気管支喘息急性増悪におけるMP感染の関与について検討するため, 本キットの陽性率を検討した。対象は15歳未満の小児で中発作以上の喘息発作で入院した80例 (入院群) と発作を認めない気管支喘息、アトピー性皮膚炎, 食物アレルギーの外来患者133例 (外来群) である。その結果, 入院群63.8%, 外来群70.7%ときわめて高率にIC-MPが陽性で両群間に有意差を認めなかった。IC-MP陽性例の大部分は微粒子凝集法 (PA法) では160倍以下の低値であり, 1年以上陽性が持続した例も少なくなかった。したがって, 単一血清におけるIC-MP陽性は, 感染の既往を示すに過ぎないと考えられ, MP感染が気管支喘息急性増悪による入院の契機となりうるかを検討することはできなかった。このような目的には, 気道内にマイコプラズマが存在することを証明するか, 発作時と回復期のペア血清で特異抗体の有意上昇を証明する必要があると思われた。<BR>なお, 意外なことに, 1-3歳に限ると, 入院群48.9%に対し, 外来群では76.8%とより高率にMP感染の既往を認めた (P=0.003) 。これが, 感染機会の差なのか, 他の免疫機能の差なのかは不明であり, 今後さらに詳細に検討する必要があると考えられた。

"ImmunoCard Mycoplasma<SUP>®</SUP>" (IC-MP) qualitatively detects <I>Mycoplasma Pneumoniae</I> (MP) specific IgM antibody, and is widely accepted as a rapid diagnostics for acute MP infection. We used the kit to examine the relationship between MP infection and acute exacerbation of asthma in children.Of 80 children (0-14y/o) hospitalized for severe asthma, IC-MP was positive in 63.8%; while 70.7% in the control group of 133 allergic children with stable asthma, atopic dermatitis and/or food allergy was proven positive.Most of IC-MP positive serum samples were shown to have low values of particle agglutination (PA) antibodies, and repeated IC-MP tests were persistently positive for more than one year.Thus, positive IC-MP in a single sample only indicates past history of MP infection. In order to examine the role of MP infection in acute exacerbation of asthma, either the proof of MP existence in the respiratory tract or significant rise of MP specific antibodies in paired sera should be investigated.<BR>However, in the younger age group (1-3y/o), contrary to our expectations, significantly higher positive rate of IC-MP was observed in the control group (76.8%), compared with acute asthma group (48.9%: p=0.003).Further investigation is necessary to find out the explanations for this intriguing data.

収録刊行物

  • 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 = Japanese journal of pediatric pulmonology  

    日本小児呼吸器疾患学会雑誌 = Japanese journal of pediatric pulmonology 17(1), 11-17, 2006-06-30 

    Japanese Society of Pediatric Pulmonology

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018262546
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10297832
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183876
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ