器質弱視から機能弱視へと診断後、弱視治療が奏功した二症例 Two successful cases, which changed diagnosis from organic amblyopia to functional amblyopia

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Japanese orthoptic journal  

    Japanese orthoptic journal 35, 155-158, 2006-08-31 

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018262917
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084015
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875172
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ