外科的矯正治療を行った反対咬合患者の構音障害と構音訓練について Influence of Mandibular Prognathism on Speech, and Effects of Postoperative Articulation Training

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山本 悠子 YAMAMOTO Yuko
    • 北海道大学病院歯科診療センター言語治療室 Hokkaido University Hospital, Center for Dental Clinic, Speech Clinic

抄録

外科的矯正治療を必要とする反対咬合患者を対象に,外科的矯正治療後の構音障害の経過と構音訓練の必要性,有効性について検討を行った.術前には,反対咬合のみの症例では,反対咬合の程度が重い症例に歯間音が多く発症していたが,反対咬合のみの症例よりも反対咬合と開咬をあわせもつ症例がoverjetの値に関わらず,歯間音が多く発症する傾向がみられた.術後は,構音訓練による構音の改善が60%の症例に認められた.このことは,咬合の改善の得られた術後にあってもなお歯間音は存在すること,そしてその習慣化された歯間音は構音訓練によって改善が得られることがわかった.歯間音は,改善された咬合の状態を後戻りさせる舌の動きでもあることから考えると,構音訓練の意義は大きいといえる.

Postoperatively persisting articulation errors and the necessity of articulation training in patients who had required surgical orthodontic treatment for adverse occlusion were examined. Preoperatively the patients with adverse occlusion combined with open bite had tended to produce more interdental sounds than those with adverse occlusion only, regardless of their overjet values. Articulation was improved in 60% of the patients by articulation training in the postoperative course. This finding suggests that interdental sounds persist even if surgical treatment has improved occlusion, and that the habituated interdental sounds can be resolved by articulation training. Considering the fact that interdental sounds are produced by tongue movements, which may reverse the improved occlusion to its previous state, postoperative articulation training is important.

収録刊行物

  • コミュニケーション障害学  

    コミュニケーション障害学 23(2), 105-111, 2006-08-31 

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  30件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018263067
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11835698
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13478451
  • NDL 記事登録ID
    8520616
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ