保育の動向と発達支援 The Trend of Early Childhood Education and Development Support Programs for Children with Special Care

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 権藤 桂子 GONDO Keiko
    • 立教女学院短期大学幼児教育科 Department of Early Childhood Education and Care, St. Margaret's Junior College

抄録

巡回相談は障害のある幼児への発達支援として公立保育所を中心にこの10年間で充実してきた.しかし,そのような発達支援が届いていない所が多いことも事実である.その一つの例として,首都圏の私立幼稚園教諭を対象に行った予備的実態調査の結果を参考に,私立幼稚園への発達支援の現状について検討した.保育所同様,幼稚園においてもことばの問題や自閉的傾向のある幼児は多く,幼稚園教諭は発達支援を求めているが,園外の発達支援ネットワークとの連携は希薄である.今後,障害のある幼児への発達支援が保育所以外にも広まっていくことが望ましい.さらに,保育の制度や内容が急速に変化し,保育現場は幼稚園・保育所以外にも多様な形態が可能となることが予測される.これからの発達支援においては,保育現場の現状や動向を知った上で支援ネットワークを強めていく必要がある.

Outreach development support programs for children with special needs have become popular primarily among public daycare centers in the last decade. However, such support programs are not necessarily available to all child education/care facilities. Some results of a preliminary investigation were introduced in this paper to show that such programs are not yet available to most of the private kindergartens. It is hoped that development support programs will become available in kindergartens. Also, professionals who are in charge of such programs have to be aware of the rapid changes occurring in the systems and goals of early childhood education/care in Japan in order to provide necessary support for children with special needs, and establish development support networks in their communities.

収録刊行物

  • コミュニケーション障害学  

    コミュニケーション障害学 23(2), 136-142, 2006-08-31 

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018263198
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11835698
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13478451
  • NDL 記事登録ID
    8520640
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ