言語の写像性は言語獲得を促進させるか : 手話獲得研究からの知見 Does Iconicity of Language Facilitate Language Acquisition? : Perspectives from Research on Sign Language Acquisition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

手話は,主にろう者によって使用される音声言語と同等の複雑性をもった自然言語であり,音声言語と同様の枠組みで分析が可能である.そのため,手話が音声言語と同等の自然言語であるという点を強調するあまり,音声言語にはみられない特徴である写像性が手話にはみられるという点は,手話研究の中では軽視されてきた.本研究では,手話の写像性に関する内外の議論を整理したうえで,手話獲得における手話の写像性の影響と言語獲得における写像性の果たす役割について文献的に考察した.その結果,手話初語獲得,動詞の屈折,CL,ロールシフトなど,手話言語を特徴付ける文法の獲得に手話の写像性が影響を与えていたが,その程度や影響を受ける時期については,文法事項によって異なり,写像性のある領域から写像性のない領域へという単純なモデルでは説明できないことが明らかになった.

Sign language is a visual-gestural language used by deaf people. It is evident from many linguistic studies that sign language is a fully grammaticized language. The acquisition of sign language in deaf children occurs just as the acquisition of spoken language in hearing children does. However, sign language is marked by rich iconic potential, in comparison with spoken languages. The goal of this paper is to explore the acquisition of iconically motivated language from several different perspectives such as the first signs, verb agreement, classifiers, and role-shift in deaf children.. Existing data on development was inadequate to help understand the transition from iconic form to more grammaticized constructions.

収録刊行物

  • コミュニケーション障害学  

    コミュニケーション障害学 23(2), 143-151, 2006-08-31 

    日本コミュニケーション障害学会

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018263211
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11835698
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13478451
  • NDL 記事登録ID
    8520646
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ