YMDD変異株による急性増悪のため死亡したB型肝硬変の1例 A fatal case of severe acute exacerbation due to hepatitis B virus with YMDD motif mutation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 柴田 英貴 SHIBATA Hidetaka
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・制御学講座(第一内科) First department of internal medicine, Nagasaki University School of Medicine
    • 市川 辰樹 ICHIKAWA Tatsuki
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・制御学講座(第一内科) First department of internal medicine, Nagasaki University School of Medicine
    • 中尾 一彦 [他] NAKAO Kazuhiko
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・制御学講座(第一内科) First department of internal medicine, Nagasaki University School of Medicine
    • 本吉 康英 MOTOYOSHI Yasuhide
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・制御学講座(第一内科) First department of internal medicine, Nagasaki University School of Medicine
    • 川下 浩 KAWASHIMO Hiroshi
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・制御学講座(第一内科) First department of internal medicine, Nagasaki University School of Medicine
    • 福田 麻里子 FUKUTA Mariko
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・制御学講座(第一内科) First department of internal medicine, Nagasaki University School of Medicine
    • 後藤 貴史 GOTO Takashi
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・制御学講座(第一内科) First department of internal medicine, Nagasaki University School of Medicine
    • 田浦 直太 TAURA Naota
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・制御学講座(第一内科) First department of internal medicine, Nagasaki University School of Medicine
    • 西村 大介 NISHIMURA Daisuke
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・制御学講座(第一内科) First department of internal medicine, Nagasaki University School of Medicine
    • 濱崎 圭輔 HAMASAKI Keisuke
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・制御学講座(第一内科) First department of internal medicine, Nagasaki University School of Medicine
    • 江口 勝美 EGUCHI Katsumi
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・制御学講座(第一内科) First department of internal medicine, Nagasaki University School of Medicine

抄録

症例は54歳女性.2001年8月B型肝硬変の診断でS病院入院.9月よりラミブジンが開始された.ウイルス量は漸減し2002年8月にはTMA法で検出感度以下となり,肝機能も改善した.2003年1月,ウイルス量の再上昇にともなって肝機能異常が出現したためS病院入院.保存的治療により肝機能は改善しウイルス量も減少した.2004年1月より再びウイルス量が増加したが,トランスアミナーゼは正常であったため経過観察された.同年9月著明な肝機能異常を認め,アデフォビルが開始された.保存的治療を行うも肝不全が進行したため,同年10月8日当院に紹介入院となった.入院時に肝性脳症が出現し,血漿交換,持続的血液濾過透析が開始されたが,経過中に肺炎を合併し同年10月24日に永眠された.本例はYMDD変異株によるB型肝硬変の重症化のため死亡した一例であるが,アデフォビルの投与開始時期に関して示唆に富む症例と考えられた.<br>

A 54-year-old woman was diagnosed as decompensated cirrhosis due to hepatitis B virus (HBV) in August 2001. Administration of Lamivudine was started in September 2001 and lead to undetectable HBV DNA level in serum in August 2002, accompanied by clinical and biochemical improvement. In January 2003, severe acute exacerbation developed, following increased HBV-DNA level. She had biochemical and virological improvement by conservative management. In January 2004, HBV DNA level again increased but ALT level remained normal. In September 2004, severe acute exacerbation developed and adefovir was readily administered. Although plasmapheresis and continuous hemodiafiltration were carried out, hepatic failure and encephalopathy worsened. She was complicated by bacterial pneumoniae and died in October 2004. Our case is thought to give an important information about timing of administration of adefovir for YMDD mutant.<br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 47(7), 329-333, 2006-07-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018264623
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    7990986
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ