C型慢性肝炎の経過観察中に肝門部リンパ節から悪性リンパ腫の発症を認めた1例 A case of chronic hepatitis C with malignant lymphoma arising from porta hepatical lymph node in follow up period

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は44歳男性.1992年12月よりC型慢性肝炎にて当科に通院していた.1993年,肝生検にて慢性活動性肝炎と診断し,Interferonα-2a 600万単位を6カ月間投与したが無効であった.腹部超音波検査にて経過を見ていたが,2003年1月に直径約35mm大の低エコー腫瘤を門脈・下大静脈間に認めた.悪性リンパ腫を疑い開腹術を勧めたが拒否されたため経過観察をしていたところ,1年後の2004年1月には直径14×26mmまで自然縮小していた.しかし,同年12月には最大径78mmまで増大し体表から触知可能となったため,超音波ガイド下腫瘍生検施行した.病理結果よりdiffuse large B cell lymphomaと診断した.2005年3月10日よりRituximab併用CHOP療法を開始し,腫瘍縮小を認めた.C型慢性肝炎では,肝門部リンパ節腫大は比較的高頻度に認められるが,悪性リンパ腫の発生も念頭に経過観察すべきと思われた.<br>

We reported a case of malignant lymphoma appearing from porta hepatical lymph nodes in chronic hepatitis C. A 44-year-old man was diagnosed as choronic hepatitis C by liver biopsy in 1993. He was treated with the six million units of Interferonα-2a for six months, but there was no response. We followed up with abdominal ultrasonography, and detected a 35mm low-echoic mass. We recommended an operation, but he refused. The mass had grown to 78mm on December 2004, we biopsied it with ultrasonograpy assist. The mass was diagnosed as diffuse large B cell lymphoma. We started CHOP plus rituximab chemotherapy and the mass had shrunken. A chronic hepatitis C patient have a high incidence of porta hepatical lymph nodes swelling, so we need to be careful about appearance of malignant lymphoma from porta hepatical lymph nodes, if the lympho node size increased.<br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 47(7), 334-340, 2006-07-25

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018264640
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    7990997
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ