日本において薬物依存症者の自助施設はどのように機能しているか? : 全国ダルク調査から How do self-help agencies work for recovery of drug dependence in Japan?

この論文をさがす

著者

    • 森田 展彰 MORITA Nobuaki
    • 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 Graduate School of Comprehensive Human Sciences, Doctoral Program in Human-Care Sciences, University of Tsukuba, Laboratory of Advanced Research D. University of Tsukuba
    • 嶋根 卓也 SHIMANE Takuya
    • 順天堂大学大学院医学研究科疫学・環境医学専攻 Department of Epidemiology and Environmental Health, Juntendo University School of Medicine
    • 岡坂 昌子 OKASAKA Yoshiko
    • 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 Graduate School of Comprehensive Human Sciences, Doctoral Program in Human-Care Sciences, University of Tsukuba, Laboratory of Advanced Research D. University of Tsukuba

収録刊行物

  • 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence  

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 41(4), 343-357, 2006-08-28 

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018264915
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10518421
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13418963
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ