大腿骨転子部骨折の治療成績 : ガンマネイルと PFNA (proximal femoral nail antirotation) の比較 Clinical results of trochanteric fracture : A comparison of gamma nail and PFNA (proximal femoral nail antirotation)

この論文をさがす

著者

    • 小津 敏 OZU Satoshi
    • 大和高田市立病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Yamatotakada Municipal Hospital
    • 二宮 俊憲
    • 大和高田市立病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Yamatotakada Municipal Hospital
    • 長谷川 充子
    • 大和高田市立病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Yamatotakada Municipal Hospital
    • 中島 保典
    • 大和高田市立病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Yamatotakada Municipal Hospital
    • 今田 直紀
    • 大和高田市立病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Yamatotakada Municipal Hospital

収録刊行物

  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 49(4), 715-716, 2006-07-01 

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018265162
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00146397
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00089443
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ