後頭骨から上位胸椎後方固定術後, 約10年経過したアテトーゼ型脳性麻痺に伴う頚髄症2症例 Long-term results of posterior fusion for cervical spondylotic myelopathy, in two patients with athetoid cerebral palsy

この論文をさがす

著者

    • 遠藤 徹 ENDO Toru
    • 和歌山県立医科大学整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Wakayama Medical University
    • 吉田 宗人
    • 和歌山県立医科大学整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Wakayama Medical University
    • 川上 守
    • 和歌山県立医科大学整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Wakayama Medical University
    • 安藤 宗治
    • 和歌山県立医科大学整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Wakayama Medical University
    • 橋爪 洋
    • 和歌山県立医科大学整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Wakayama Medical University

収録刊行物

  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 49(4), 785-786, 2006-07-01 

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018265326
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00146397
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00089443
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ