ハンセン病制圧後のハンセン病対策戦略 Leprosy services following elimination in WPRO and SEARO regions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 石井 則久 ISHII Norihisa
    • 国立感染症研究所ハンセン病研究センター生体防御部 Department of Bioregulation, Leprosy Research Center, National Institute of Infectious Diseases
    • 森 修一 MORI Shuichi
    • 福島県立医科大学医学部微生物学講座 Department of Microbiology, School of Medicine, Fukushima Medical University
    • 鈴木 幸一 SUZUKI Koichi
    • 国立感染症研究所ハンセン病研究センター生体防御部 Department of Bioregulation, Leprosy Research Center, National Institute of Infectious Diseases

抄録

ハンセン病の制圧は多剤併用療法 (MDT) の登場によって、世界中でハンセン病の患者数が著しく減少した。西太平洋地域、南東アジア地域においても近い将来制圧目標を達成される見込みである。今後は制圧後のハンセン病対応サービスの質を維持するために、新たな戦略を考案しなければならない。WHO南東アジア地域 (SEARO)・西太平洋地域 (WPRO) 間の合同会議 (2004年) では、2005年以降における両地域内におけるハンセン病サービスの質を維持し、ハンセン病問題をより減少させる目的のため、新規患者の早期発見、MDT、そしてハンセン病対応サービスの一般保健サービスへの統合が求められている。

The elimination of leprosy with the advent of multidrug therapy (MDT) is one of the success stories in public health. Elimination will be achieved in the regions of Western pacific and South-East Asia in near future. A biregional consultation between the WHO South-East Asia and Western Pacific regions was held in the end of 2004 in Manila, the Philippines. A strategy document was developed during the consultation, to sustain quality leprosy services in Asia and the Pacific beyond 2005, and to further reduce the leprosy burden. The main strategy involves timely detection of new cases, multidrug treatment, and the key element of integration of leprosy services into general health services.

収録刊行物

  • 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy  

    日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy 75(3), 239-248, 2006-10-01 

    Japanese Leprosy Association

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018265463
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10559906
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13423681
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ