2004年2月北海道の事例解析による雨氷現象の発生域の推定 Field studies and mesoscale analysis of the precipitation icing events in Hokkaido on February 22-23, 2004

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2004年2月22日夜から23日朝にかけて北海道空知,日高および根室地方で着氷性の雨が降り,雨氷が発達した.気温の鉛直分布から,札幌では2月22日21時に,根室では23日9時には上空で気温がプラス,地上付近で気温が再び氷点下となる温度逆転層が存在し,着氷性の雨が降る条件であった.<BR>2月24日に空知の広域観察を行った結果,岩見沢から砂川にかけて雨氷を確認することができた.また,後日の調査で日高,根室において雨氷が成長したことが分かった.激しい着氷雪は気象測器に可動不良を起こすことから,アメダスおよび国道の気象テレメータの風向風速データの欠測期間から着氷発生期間の推定を試みた.<BR>雨氷の発生域をさらに把握するために,メソ客観解析データおよび数値地図標高データを用いて,降雪粒子の融解条件と雨滴の凍結条件を雨氷発生モデルにより検討し,北海道全域における着氷性の雨の発生域の推定を行なった.その結果,空知中・南部,日高の標高の低い地域および根室で広範囲に雨氷が発生したことが明らかになった.<BR>地上観察と測器の動作異常から推定した雨氷の発生域と,メソ客観解析データを用いた本研究の解析手法による結果を比較したところ,良い一致が見られた.

A severe ice storm struck west Hokkaido in the evening of February 22, 2004, and reached east Hokkaido the next morning. A field studies revealed that glaze covered a wide area around south and middle Sorachi, north Hidaka, and Nemuro regions. Moreover, the storm caused heavy rain, ice pellets, wet snow, and dry snow on the other regions of Hokkaido at the same time. Heavy ice/snow accretion and strong wind affected the electric power supply, shut down transportation, and damaged agriculture. We investigated the precipitation icing event, and we employed mesoscale analysis to estimate the freezing rain area. The temperature profile at Sapporo in the evening of February 22 was typical of freezing rain : the presence of a melting layer above and a subfreezing layer below in the lower atmospheric boundary layer (500 m). This structure was found in the temperature profile obtained at Nemuro the next morning. We designed a microphysics scheme for the snow melting process and the raindrop supercooling process. The freezing rain area was calculated using the mesoscale objective analysis data obtained from the Japan Meteorological Agency and the digital elevation dataset obtained from the Geographical Survey Institute. The icing event was also investigated using the surface meteorological data and the distribution of anemometers that had failed due to icing. The freezing rain area estimated by the microphysics scheme was well consistent with the icing area inferred from the field survey, the meteorological data, and the anemometer distribution.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 68(5), 409-420, 2006-09-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018266402
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    8522562
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ