膜素材の着氷力に関する温度依存性および塩分濃度依存性 : 化学繊維織物および高機能プラスチックフィルムについて Adhesion strength tests of pure ice and saline ice using polymer materials

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高分子膜材を活用することにより,着氷体表面の性質とその変形による着氷の自然剥落をはかるという複合的な除氷効果が期待される.本研究は,高分子膜材を用いた着氷防除において,適当な膜材の選定指針を得ることを目的として,低温室内における高分子膜材の着氷力測定試験を行った.本研究では,難着氷性や可動性などの観点から膜材を選択し,試験試料とした.純水を用いた実験では,撥水性素材の着氷力が最も小さく,超親水性フィルムは比較試料の値よりも大きいという結果が得られた.また,-5℃から-25℃までの実験結果から,ほとんどの試料で温度が低下するにつれ着氷力は大きくなる傾向が見られたが,超親水性フィルムは-10℃で着氷力がピークを示した.塩水を用いた場合,着氷力は純水の氷に比べ大幅に小さかった.これは着氷界面に溜まったブラインの影響が大きいと考えられ,このことは超親水性フィルムにおいて特に顕著であった.

Sea-spray ice accretion poses a major problem in the operation of lighthouses in northern harbors. To address this problem, we designed membrane structures, by using a combination of surface treatment and deformation of film material. In this study, adhesion strength tests of pure ice and saline ice were carried out using polymer-films and fabric materials. In the results for pure ice, a marginal difference was observed between the adhesion strengths of waterproofed nylon, polyu-rethane-coated polyester, and fluoroethylene plastic at-5°C. The adhesion strengths of most of the samples exhibited an increasing tendency with a decrease in temperature from-5°Cto-25°C. On the other hand, fluoroethylene plastic, a water-repellent coating material low adhesion strength even low temperatures. In the results saline water, the adhesion strength of the super-hydrophilic film almost decreased to 0 with the salinity.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 68(5), 433-440, 2006-09-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018266449
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    8522583
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ