送電設備の着氷雪対策 Measures of icing and snow accretion on transmission line

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 菊池 武彦 KIKUCHI Takehiko
    • 東京電力株式会社技術開発研究所送変電技術グループ Transmission & Substations Technology Group, Research and Develop Center, Tokyo Electric Power Company
    • 田中 一成 TANAKA Kazushige
    • 東京電力株式会社技術開発研究所送変電技術グループ Transmission & Substations Technology Group, Research and Develop Center, Tokyo Electric Power Company
    • 齊藤 寿幸 SAITO Toshiyuki
    • 東京電力株式会社技術開発研究所送変電技術グループ Transmission & Substations Technology Group, Research and Develop Center, Tokyo Electric Power Company

抄録

東京電力(株)が過去40年以上にわたって実施してきた送電設備に関する着氷雪対策技術の状況についてまとめた.本報告書では着氷雪現象のうち特に樹氷型着氷と湿型着雪を対象とした.現象の把握や送電設備への機械的影響,その影響を軽減するための対策技術について述べる.観測データは,現地での有人による直接的な調査や実規模試験線などを用いた調査結果である.着氷雪現象の物理的理論や数値解析,対策技術(偏心重量錐と回転自在型スペーサ,ルーズスペーサなど)の基本的考え方は,各検討段階において学識者やメーカ各社と協働で蓄積した.それらの技術が現実的に有効であるか否かについて,現地で自然発生する着氷雪や強風に曝される実規模試験線(高石山試験線,最上試験線)を用いて観測した.観測の結果,送電線への着氷雪に伴う荷重の増加量や振動抑止装置の効果を再現性あるデータで示すことができた.これらの成果は,現在運用されている送電設備に適用され,安定運用に貢献している.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 68(5), 457-466, 2006-09-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018266518
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    8522655
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ