北アルプス源流域における積雪中の化学物質動態と河川水質変動 Chemical dynamics of snow and stream water in the Japanese Alps

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

積雪中の化学物質の動態と融雪期の河川水質の変化の特徴を明らかにすることを目的として,北アルプスの東側に位置する,信濃川水系高瀬川の源流域において,積雪の化学的特性と河川水質に関する調査を行った.調査期間は2004年12月から2005年4月である.積雪調査の結果,積雪中のpHは低く,多くの試料で酸性降水の基準となるpH5.62を下回った.積雪中の化学物質は,降雪時の気圧配置によって,層ごとにイオン含有量が異なっていた.積雪中に含まれる化学物質の多くは,融雪期まで保存されており,融雪とともに積雪から流出していた.河川水質は,融雪期に大きく変化した.河川水のpHと電気伝導度は,流出高の増加に伴って低下した.融雪期前半の流出高の増加時には,河川水中のCl<SUP>-</SUP>濃度とNO<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>濃度が高くなった.融雪期後半には,融雪にともなう流出高の日変動が観測され,河川水質も日変動を示した.河川水中の陰イオン組成では,流出高が増加する前はHCO<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>が約50%を占めていた.しかし,陰イオン組成に占めるHCO<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>の割合は,流出高の増加前後で約23%減少した.一方,流出高が増加する前と比べて,流出高増加時には陰イオン組成に占めるCl<SUP>-</SUP>+NO<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>とSO<SUB>4</SUB><SUP>2-</SUP>の割合は,それぞれ約12%増加していた.

Chemical studies of snow and stream water were conducted from December 2004 to April 2005.The experimental site was a headwater watershed on the east side of the Japanese Alps, which is under heavy snow cover in winter.The altitude of the experimental site is around 1050m to 1965m.The pH of the snow was low.The chemical features of the snow exhibited different structures in each layer.The concentration of ions in the layers of the snow varied with the atmospheric pressure pattern during snowfall.The chemical concentration of the snow remained the same until the snowmelt season.Afterwards, it began to decrease with the snowmelt water.The chemistry of the stream water changed with an increase in the runoff during the snowmelt season.The concentration of NO<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP> and Cl<SUP>-</SUP> increased significantly with an increase in the runoff in the early stages.Simultaneously, the pH and EC also decreased.The discharge exhibited a diurnal variation from April 15<SUP>th</SUP> through April 30<SUP>th</SUP>, 2005.The ionic balance of the stream water changed significantly.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 68(5), 467-480, 2006-09-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018266536
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    8522668
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ