中国四川省峨眉山地域における大気降下物の酸性度調査 The acidity investigation of atmospheric deposition at Mt. Emei region, Sichuan Province, China

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大気汚染の深刻な地域である中国四川省峨眉山において,登山ルートに沿って異なる高度で大気降下物を採取し,酸性度の高度分布とその季節変動について調査を行った.酸性度の指標であるpHと入力酸性度(pAi)は,冬低夏高の季節変動傾向を示した.これは,冬季に四川盆地内で濃度が増加するSO<SUB>2</SUB>とNO<SUB>x</SUB>に起因するSO<SUB>4</SUB><SUP>2-</SUP>とNO<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>の影響を強く受けたためと考えられる.また,年間を通して採取高度が低くなるにつれ酸性化が進展する傾向が認められた.しかし山麓付近では中和成分の影響を受け,pHとpAiの差が大きくなる傾向にあった.この傾向は,鉛直方向に拡散されにくい粗大粒子として大気中に存在する土壌粒子や道路堆積物等のアルカリ成分を多く含む粒子の影響を山麓付近では受けやすいためであった.<BR>峨眉山地域の大気降下物の酸性度は,rainout過程(雲中での取り込み)よりwashout過程(雲下での取り込み)や乾性沈着の影響に支配されていると推定された.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 68(5), 497-504, 2006-09-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018266576
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    8522938
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ