浅側頭動脈カテーテルからの持続動注と放射線治療の併用療法 : III, IV期舌癌を中心として COMBINATION THERAPY OF CONTINUOUS INTRA-ARTERIAL CHEMOTHERAPY AND RADIOTHERAPY FOR STAGE III, IV TONGUE CANCER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

動注療法はその高い局所効果から近年頭頸部癌治療において注目されるようになった。当科では現在までに多数の頭頸部癌症例に対して浅側頭動脈経由法によるカルボプラチン持続動注と放射線治療の併用療法を行なってきた。今回それらの症例のうち,我々がこの治療法の好適応の1つと考えているIII,IV期舌癌40例を対象に遡及的に治療成績の検討を行なった。37例/40例(92.5%)が予定治療を完遂し,5年局所制御率は62%,5年全生存率は31%,5年無再発生存率は30%であった。Grade3以上の白血球減少は43%,血小板減少は35%に見られたが,中枢神経合併症の発生は見られなかった。更なる治療成績の向上と血液毒性の軽減への工夫を要するが,何らかの理由により手術的治療ができない場合には動注化学療法併用放射線治療を検討する価値があると考えられた。

Intra-arterial chemotherapy has been a focus of constant attention for its excellent local effect. We have performed the combination therapy of intra-arterial chemotherapy using carboplatin via the superficial temporal artery and radiotherapy since 1992. Of the many cases we treated by the combination therapy, we reviewed the treatment results with a focus on Stage III, IV tongue cancer. Five-year local control rate, overall survival rate, and relapse-free survival rate were estimated to be 62%, 31%, and 30% respectively. Grade III or IV neutropenia and thrombocytopenia were 43% and 35% respectively. No central nervous system complication was observed. We think that this combination therapy is worth considering for locally advanced tongue cancer which is inoperable for any reason.

収録刊行物

  • 頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会  

    頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会 31(3), 419-423, 2005-10-25 

    Japan Society for Head and Neck Cancer

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018271645
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11985555
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13495747
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ