電子・イオン多重同時運動量計測法を用いたクラスターの原子間クーロン脱励起の観測 Interatomic Coulombic Decay from clusters using an electron-ion multiple momentum coincidence technique

この論文をさがす

著者

    • 齋藤 則生 SAITO Norio
    • 産業技術総合研究所 計測標準研究部門 National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST), NMIJ
    • LIU Xiao-Jing
    • 東北大学 多元物質科学研究所 Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University
    • 上田 潔 UEDA Kiyoshi
    • 東北大学 多元物質科学研究所 Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University

収録刊行物

  • 放射光  

    放射光 20(1), 33-42, 2007-01-31 

    日本放射光学会

参考文献:  33件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018289291
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10075706
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09149287
  • NDL 記事登録ID
    8671379
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-561
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ