マスコンクリートのひび割れ解析手法の現状 State of the Art on Crack Analysis Methods in Massive Concrete Structures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ここ数年, 温度ひび割れ解析による予測技術は地方の建設会社, 設計会社へと大きく裾野を広げてきている。これは, 日本コンクリート工学協会から提供される温度ひび割れ解析用ソフトがその一助となっており, ソフトの普及によって温度応力に対する危険度を定量的に評価することが一般的になってきたためといえる。このことは, コンクリート構造物の品質向上にマスコンクリートの温度応力研究委員会 (現マスコンクリートソフト作成委員会) が果たしている役割が大きいことを示すものである。本解説は, 温度ひび割れ解析技術についてこれまでの研究成果を振り返り, その経緯を確認するとともに最新の研究に至るまでの概略を紹介したものである。

Recently, prediction method of thermal crack analysis is spreading to construction companies in the district and civil engineering consultant companies. As the reason, the software for thermal crack analysis developed in Japan Concrete Institute committee on thermal stress of massive concrete structures is due to help it and by the popularization of the software, it is due to become general to evaluate a risk for thermal stress quantitatively. The committee on thermal stress of massive concrete structures (present Committee on computer code development for crack control in massive concrete structures) contributes for the quality improvement of concrete structures. This explanation introduces outline to until now research results on thermal crack analysis and the latest research ones.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 45(2), 3-8, 2007-02-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018289574
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    8675471
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ