シラスコンクリートの特徴 : 鹿児島県制定マニュアルの内容を基にして Characteristics of SHIRASU Concrete : Based on Contents in the Manual established by Kagoshima Prefectural Office

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

シラスコンクリートは, 用いる細骨材の全てをシラスとしたコンクリートと定義される。シラスは, 南九州に大量に存在する火砕流堆積物の総称であり, 乱した状態では砂状になることから, 以前よりこの地域では, 細骨材としての利用可能性について検討が行われていたが, 1990年代後半に入り, 海砂の採取規制に伴う代替骨材として着日されるようになり, 検討が本格化してきた。そして, 2006年1月に, 鹿児島県より『2005年制定 シラスを細骨材として用いるコンクリートの設計施工マニュアル (案) 』が発刊されるに至った。本文では, このマニュアル (案) の内容を基に, シラスコンクリートの主な特微, 配合設計法および施工⊥の注意点などを概説するとともに, 実用化の事例ならびに今後の展望を示す。

Shirasu concrete is defined as a concrete using Shirasu as fine aggregate entirely. Shirasu is a name of the pyroclastic flow deposits called in the southern part of Kyushu Island, Japan, where the huge volume of it accumulates. As Shirasu taken from the deposits shows a sandy state, examination was performed continuously to use it as the fine aggregate for the past approximately 20 years. Especially in a latter half of 1990's, it came to be a noteworthy material that should be examined as the substitute for sea sand more practically, because collection regulation of sea sand started to be carried out from the viewpoint of environmental protection. Consequently, Kagoshima prefectural office established the "Manual for design and construction of the concrete used Shirasu as fine aggregate (draft)" January 2006. In this paper, characteristics of Shirasu concrete, its mixture design method and the matters that require attention in the execution are briefly outlined based on the contents of the Manual, and they are followed by the introduction of some activities for practical use of Shirasu concrete in Kagoshima prefecture with the future prospects.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 45(2), 16-23, 2007-02-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018289617
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    8675485
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ