マレーシアのスンガイキンタダムにおけるRCCダムの施工 Sg. Kinta RCC Dam Project in Malaysia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

スンガイキンタダムは, マレーシアで初めてRCC工法が採用された堤体積約100万m<SUP>3</SUP>のダムである。本報では, 仮設備やRCCの配合およびスロープレイヤ工法, GE-RCC工法などの施工方法について実績や課題を述べる。

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 45(2), 42-47, 2007-02-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018289657
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    8675521
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ