地区特性に応じた附置義務駐車制度に関する研究 : 東京都千代田区大手町・丸の内・有楽町地区を事例として A Study on the Required Parking Spaces according to the District Characteristics : Case Study of Otemachi, Marunouchi, and Yurakucho Districts in Chiyoda borough, Tokyo

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

駐車場の整備手法の一つに附置義務駐車制度がある。附置義務駐車制度とは、建築物の規模と用途に応じて一定水準以上の駐車施設の整備を義務づけるものである。附置義務駐車制度によって、都市内の駐車場は一定量整備されてきた。しかしながら、現行制度は一律の基準であるため、地区特性による床面積当たり発生集中交通量や自動車利用率の違いに対応することが難しいという問題を抱えている。そこで本研究は、東京都区部の駐車場整備地区における駐車需要の特性や土地利用特性を分析し、附置義務駐車制度の課題を整理する。そのうえで、東京都千代田区大手町・丸の内・有楽町地区を対象に、駐車場の利用実態と路上駐車の特性を分析する。それらの結果を基に、附置義務駐車制度のローカルルールの必要性とローカルルールの運用のあり方について考察を試みたものである。

Required parking spaces are enforced by law when a large scale of buildings is constructed. There is a fixed formula to calculate the required parking spaces by floor area. Because of the laws inflexibility, there has occurred over- and under- estimation of parking spaces for larger and smaller buildings. Therefore, it is necessary to estimate the required parking spaces by the generated traffic volume and automobile usage ratio per floor unit. This paper intend to demonstrate the importance of characteristics of each area in order to estimate the required parking spaces. Then, this paper discusses the necessity of applying local regulations at Otemachi, Marunouchi, and Yurakucho districts in Tokyo as a case study.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(1), 55-60, 2006-04-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018291110
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8562791
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ