CVMを用いた伝統的建造物群保存地区の文化的景観の経済評価 : 高山市における事例研究 Quantitative Evaluation of Cultural Townscape using the CVM : The Case of Takayama Important Preservation Districts for Groups of Historic Buildings

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,高山市の重要伝統的建造物保存地区における文化的景観の公益的価値を定量的に評価することにある。高山市は,1979年より古い町並みを「重要伝統的建造物群保存地区」として保存しているが,この地区から非市場的便益としてもたらされる公益的価値は,地域住民のみならず,高山市以外の岐阜県内外の住民および観光客などにも裨益していると考える。本研究では,二段階二肢選択方式のCVM(Contingent Valuation Method:仮想評価法)を高山市,岐阜県,東京都の住民および観光客に実施した結果,観光客には約318億円,全国の住民には約698億円の非市場的便益がもたらされていることが,推計結果から示された。

The purpose of this study is to evaluate public benefit from cultural townscape in Takayama city. Takayama city has conserved old city district as "Important Preservation Districts for Groups of Historic Buildings" from 1979. Public benefit from this area may affect not only residents in Takayama city but also non residents (tourists, residents nearby cities in Gifu prefecture, residents out of Gifu prefecture). We conducted double-bounded dichotomous choice contingent valuation surveys in Takayama city, Gifu prefecture, and Tokyo to determine households' willingness to pay (WTP) for maintaining public benefit from this area. The surveys concluded that aggregate WTP of tourist is about 31.8 billion yen and aggregate WTP of resident is about 69.8 billion yen.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(2), 18-24, 2006-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018291164
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8563145
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ