文化的景観の経済波及効果 : 広島県宮島における観光客調査 An Economic Impact Study of Cultural Landscape : a Case Study of Miyajima, Hiroshima

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,広島県宮島を事例に,観光客アンケート調査データの産業連関分析によって、文化財を核とした文化的景観が地域にもたらす経済波及効果を分析し,文化財の持つ経済的な価値を検討した。その結果、観光需要発生による広島県内での生産誘発額は約600億円,生産誘発係数は1.49となり,観光関連部門以外にも幅広い部門に生産誘発効果が確認された。また,それに伴う就業者誘発は約6300人であり,付加価値誘発額は352億円、生産誘発による広島県の県税収入の増加は約8億円であることが分かった。さらに、観光客消費行動のTobit分析によって、需要増加単位あたり波及効果の大きい入場料需要の増加のためには、比較的近県地域にすむリピータへの宮島観光への訴求が重要で、宮島の文化・景観に関心が高い観光客の誘致が重要であることが指摘できた。上の結果は「文化」を軸にしたツーリズムの可能性を示唆している。近年,我が国の文化財保護制度において,文化財の活用は保存とともに重要な課題となっている。本稿の分析から得られた知見は,地域への経済効果の側面から文化財の公開のあり方を議論する必要性を示唆するものである。

This article presents a case study on Miyajima, Hiroshima pref. about economic impact of tourist consumption who visit to cultural landscape. For investigation, we conducted a questionnaire survey intended tourists in Miyajima and analyzed the data using Input-Output analysis method. The results are as following. Tourist consumption final demand is 40 billion yen within Hiroshima prefecture. The demand induce production of 60 billion yen, which is 1.49 times the demand, added value of 35 billion, employment of 6300 jobs and prefectural tax revenue of 0.8 billion yen. Accommodation and entrance fee have big economic impact par one unit of demand comparatively. The findings show that economic measure can be one of the important measure of cultural landscape.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(2), 49-56, 2006-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018291216
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8563586
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ