直交格子型道路網都市における斜線道路の距離短縮効果について : 斜線型道路網における距離分布・流動量分布の分析 On the Effect of Installation of Diagonal Roads in a City with Rectangular Lattice System : An Analysis of Distance Distribution and Flow Distribution in a Rectangular City with Diagonal Roads

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では,ワシントンD.C.やデトロイト,インディアナポリス,バルセロナ,我が国では帯広などに例を見る斜線型道路網の斜線道路の効果を論じるために,四方向距離および斜線距離の距離分布および流動量分布を求めた.その結果,直交距離から斜線距離への移行は,平均距離の意味で,四方向距離の平均には及ばないものの大きな短縮となり,高々2本の斜線が平均距離にもたらす効果は大きいこと,そして,斜線距離の距離分布で見ると,直交距離の分布の持つ長い裾野が斜線により短絡されて消えることにより,平均距離を大きく減少することができることを明らかにした.また,流動量分布を導出することにより,直交格子型斜線道路の導入は,中心部の流動量には影響しないものの,直交格子型道路網上のおよそ1/3を斜線道路に吸収させて,他の領域の流動量を減少させることができることが明らかとなった.

We deal with the effect of diagonal roads, which is introduced into a city that has a rectangular lattice road network, on travel distance reduction and traffic flow reduction. Distribution of distance between pairs of points and geographical distribution of traffic flow under 4-directional routing system, rectilinear routing system, and that with diagonal roads are calculated in this paper. Comparison with the rectilinear routing system in a square city shows that diagonal roads can reduce mean travel distance by more than 10 percent. Average travel distance is drastically reduced at the center and at the four corners. It is also found that diagonal roads also contribute to traffic relaxation by absorbing almost one third of whole traffic flow, although the traffic flow keep same amount at the center.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(2), 57-64, 2006-10-25

    日本都市計画学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018291226
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8563599
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ