ベイズ順序プロビットモデルによる観光満足度分析 A Quantitative Analysis on Tourists' Consumer Satisfaction via the Bayesian Ordered Probit Model

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,ベイズ順序プロビットモデルを用いて観光客の顧客満足度(CS)を分析することを目的としている.鎌倉市での観光CS調査データを用いて,観光客の個人属性,観光行動と観光CSとの定量的,実証的分析を行った.モデルパラメータは,マルコフチェイン・モンテカルロ法の代表的手法であるギブス・サンプリング法を用いて推定した.限界効果分析の結果,観光客の観光全般の満足度が,旅行目的,立ち寄り地点,個人属性などに強く影響を受けることが,定量的に示された.MCMC法によるベイズ順序プロビットモデルは,最尤推定法で解が求められない場合や満足度の予測に有効であることが示された.今後,来訪頻度やスケジューリングなどの観光行動分析などへの応用が課題である.

This study aims to analyze tourists' consumer satisfaction (CS) via the Bayesian ordered probit model. The model is introduced in order to identify correlation between tourists' individual attributes, travel behaviors and CS. Tourists' CS survey conducted in Kamakura city is employed for the analysis. Model parameters are estimated by using Gibbs sampling which is one of the major methods of Markov-chain Monte Carlo simulation. Marginal effects are calculated in order to indicate relationship between tourists overall travel satisfaction by travel purpose, spots, tourists' attributes and related tourists' CS quantitatively. It is shown that the MCMC ordered probit model has advantages comparing with the ordered probit model via the maximum likelihood method when evaluating CS by considering tourists' subjective.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(2), 73-78, 2006-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018291245
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8563742
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ