地域政策からみた新エネルギー事業の実態と事業化促進要因に関する考察 Study on The Actual Conditions and Promoting Factors of Renewable Energy Projects from Viewpoint of Regional Policy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

昨今のエネルギー問題あるいは環境問題に対処するため、新エネルギーの利活用が注目されている。新エネルギーは、地域に根ざした個別分散型のエネルギーであるため、地域独自の取り組みが可能であり、地域活性化の手段となりうる。しかしながら、これまで新エネルギーに関する地域での取り組みの実態は必ずしも明確ではなかった。本論は、各自治体が策定している地域新エネルギービジョンに焦点を当て、各地域で取り組んでいる新エネルギー事業の実態と事業化促進要因について考察を行ったものである。

The use of renewable energy is receiving increasing attention to deal with the recent energy problems or environmental problems. Since the renewable energy is the individual dispersed style energy in region, original tackling is possible. Promoting use of renewable energy can be valid for regional activation. However, the actual conditions of renewable energy in region are not always clear until now. This paper focuses on "renewable energy vision in region"which each local government planned and I consider the actual conditions and promoting factors of renewable energy projects that tackle in each region.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(2), 79-86, 2006-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018291262
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8563775
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ