LCAによるRDF発電事業の有効性に関する評価 : 石川県北部地域でのケーススタディ Life Cycle Assessment of RDF Power Generation in Northern Ishikawa Prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山成 素子 YAMANARI Motoko
    • 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 Department of Environment Systems, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo
    • 島田 荘平 SHIMADA Sohei
    • 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 Department of Environment Systems, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo

抄録

わが国では, 一般廃棄物は焼却処理をし, 発電をするなどのサーマルリサイクルが主流となっており, 廃棄物発電の導入が積極的に進められているが, 広域処理と高効率のエネルギー回収を目指したRDF (固形化燃料) による発電方式が一つの手段として検討されている。そこで本研究では, LCA的な観点を用いてRDF発電事業の有効性を, エネルギー消費量, 環境負荷排出量 (CO<sub>2</sub>, NO<sub>X</sub>, SO<sub>X</sub>), コストの面から評価した。石川県北部を対象地域とし, 現在稼働中のRDF発電事業を従来焼却 (焼却のみ) や広域処理 (焼却・発電), 分散処理 (焼却・発電) と比較した結果, 以下のことが明らかになった。(1) 発電を伴う焼却処理方式では十分に効果がある, (2) RDFの利用により収集コストの削減が見込める, (3) RDF発電事業はCO<sub>2</sub>削減に大いに役立つ。<br>したがって可燃性一般廃棄物を処理する際に, RDFの輸送性が発揮される人口密度が小さい地域はRDFを利用し, 広範囲で大規模に焼却・発電を行い, 発電効率を上昇させることが, 最も環境負荷の少ないシステムを構築する際に効果的である。

Through analysis of the RDF power generation business, which has been operating since FY 2003 in Northern Ishikawa Prefecture in Japan, this study assesses RDF power generation availability from the viewpoints of cost savings, energy, and reduction of environmental impacts.<br>Results of detailed investigations of each process in terms of Life Cycle Analysis demonstrated that the introduction of RDF power generation presents three advantages of reducing energy consumption, CO<sub>2</sub> emissions, and transportation costs.<br>The main results obtained through this study are that : (1) the introduction of power generation is effective ; (2) the RDF system uses an advantageous transportation process ; (3) the RDF system is useful for CO<sub>2</sub> reduction.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts  

    廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts 18(1), 37-48, 2007-01-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018291931
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    8652832
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ