焼却残渣中のPbの化合物形態解析 Investigation of Chemical States for Pb of MSWI Residues

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ストーカ式ごみ焼却炉から排出される焼却残渣に含有される微量元素Pbの化合物形態を, X線吸収微細構造法 (XAFS) を用いて解析した。焼却炉底灰に含まれるPbの化合物形態は, Pb<sup>2+</sup>の酸化物形態であり, 非晶質のPbSiO<sub>3</sub>を形成していると推測された。ボイラ灰はPb<sup>2+</sup>の塩化物あるいは炭酸化物と, 焼却炉底灰同様に非晶質のPbSiO<sub>3</sub>との混合物と推測された。減温塔灰は非晶質のPbSiO<sub>3</sub>のみを含み, 塩化物等の存在は確認されなかった。集塵灰では, 同じ工場でも排出される時期が異なると, Pbが塩化物形態の場合と, 非晶質のPbSiO<sub>3</sub>単独で存在することが示唆できた。

The chemical state of the trace element Pb, which is contained in municipal solid waste incineration residues discharged from a stoker-type incinerator were investigated by using XAFS spectroscopy at beam line BL 01 B 1 in SPring-8. The chemical states of Pb contained in grate ashes were at an oxide state of Pb<sup>2+</sup>, and it was observed that the amorphous double-oxide compound PbSiO<sub>3</sub> was formed. Boiler ashes were mixtures of the compound oxide of the amorphous PbSiO<sub>3</sub> and either the chloride of Pb<sup>2+</sup> or the carbonate. As for cooling tower ash, no existence of the chloride was observed only the amorphous PbSiO<sub>3</sub>. In APC residues, if the discharged time in the same facility was different, there were both cases : either the chloride, or the amorphous PbSiO<sub>3</sub>.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts  

    廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts 18(1), 67-76, 2007-01-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018291989
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    8652875
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ