探索空間細分化ACO法による車の運転操作生成 Derivation of Optimum Polar Angle Quadrature Set for the Method of Characteristics Based on Approximation Error for the Bickley Function

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

解候補の探索において、解集合の類似度の基づき探索空間の精密度を変更するアントコロニー最適化法(ACO法)を考案し、車の運転操作パターンの自動生成問題に適用した。車庫入れ問題、縦列駐車問題について数値実験を行ない、良好な結果が得られた。

In the search of solution candidates, we propose a precise seeking Ant Colony Optimization (PSACO) Method. The PSACO Method changes the search space based on degree of similarity of the solution set. We applied this method to the seeking problem of optimum drive operation. Numerical experiments concerning a variety of parking problems show the effect of the propsed method.

収録刊行物

  • Journal of nuclear science and technology  

    Journal of nuclear science and technology 44(2), 129-136, 2007-02-25 

    The Japan Joint Automatic Control Conference

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  8件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018294639
  • NII書誌ID(NCID)
    AA00703720
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00223131
  • NDL 記事登録ID
    8662013
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z53-A460
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ