麹菌にも有性世代がある? : ゲノム解析から明らかになったこと Genome Analysis Shines Some Light on the Secret Sex Life of A. oryzae

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

麹菌は, 有性生活環をもたず, 性的融合である交配を利用した交雑株造成ができないことから, 酵母と違って古典遺伝学的解析が困難であった。また, 一般的に麹菌をはじめとする産業上有用な糸状菌は, 有性生活環を持たないことが多く, なぜ性を示さないのかについてはこれまでほとんど解明できていなかった。最近, 麹菌とその類菌のコウジカビの全ゲノム解析が終了し, それらの糸状菌のゲノムを比較することにより, その要因が遺伝子レベルで明らかになりつつある。麹菌にも有性生活環を持つために必要な遣伝子群が存在しており, 将来的には麹菌でも交配による育種が可能となる夢が現実になるかもしれない。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan  

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 101(10), 740-748, 2006-10-15 

    Brewing Society of Japan

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018297207
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    8547236
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ