国産ワインの表示に関する基準 Standard for Labeling of Domestic Wine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1986年に旧「国産ワインの表示に関する基準」が制定されてから20年経過し, 数年前から表示の見直しが求められてきた。日本ワイナリー協会では作業部会を設け, 鋭意, 改正作業に取組んできたが, 2006年1月1日から新たに制定した表示規準が施行された。新たな表示基準は旧来のものより消費者にとって理解し易い内容となっており, 国産ワインの市場拡大に連なるものと期待される。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan  

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 101(10), 755-762, 2006-10-15 

    Brewing Society of Japan

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018297252
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    8547244
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ