清酒醪における発酵温度と精米歩合が各種酵母の含硫物動向に与える影響 Effect of fermentation temperature and polishing yield on amounts of sulfur compounds accumulated in various yeasts for sake production

この論文をさがす

著者

    • 進藤 斉 SHINDO Hitoshi
    • 東京農業大学応用生物科学部醸造科学科 Department of Fermentation Science, Faculty of Applied Bio-science, Tokyo University of Agriculture
    • 角田 潔和 KAKUTA Toshitaka
    • 東京農業大学応用生物科学部醸造科学科 Department of Fermentation Science, Faculty of Applied Bio-science, Tokyo University of Agriculture
    • 小泉 武夫 KOIZUMI Takeo
    • 東京農業大学応用生物科学部醸造科学科 Department of Fermentation Science, Faculty of Applied Bio-science, Tokyo University of Agriculture

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan  

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 101(10), 776-778, 2006-10-15 

    日本醸造協会

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018297270
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    8547275
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ