地域高齢者における身体活動量と身体, 心理, 社会的要因との関連 PHYSICAL ACTIVITY LEVEL AND PHYSICAL, MENTAL AND SOCIAL FACTORS IN COMMUNITY-DWELLING ELDERLY PEOPLE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<b>目的</b> 本研究は,地域高齢者における日常の身体活動レベル(Physical Activity Level: PAL)と身体,心理および社会的要因との関係を検討した。<br/><b>方法</b> 対象者は,平成15年群馬県草津町の「にっこり健康相談事業」(高齢者向け健康診断)を受けた,同町70歳以上の住民428人であった。うち,面接調査と体力調査のすべてのデータがそろった330人を,本研究の分析対象とした。PAL は,内藤ら(2003)によって開発された質問紙を用いて評価した。対象者は,老研式活動能力指標と認知機能を含む身体,心理および社会的機能に関して,面接を行った。体力測定では,握力,通常歩行速度,最大速度歩行および開眼片足立ち時間を測定した。<br/><b>結果</b> 性と年齢を調整した共分散分析(ANCOVA)において,PAL は,高次生活機能,体力などの身体的要因,抑うつ度などの心理的要因,家の中での役割・仕事の有無などの社会的要因,そして喫煙習慣と有意な関連を認めた。一般線形モデルでは,喫煙習慣,通常歩行速度,抑うつ度,家の中での役割・仕事の有無,外出頻度および視力障害によって,PAL の変動の13.5%が説明された。<br/><b>結論</b> 70歳以上の地域高齢者における PAL は,身体,心理および社会的要因と関連することが示唆された。

<b>Purpose</b> This study was conducted to examine the relationship between physical activity level (PAL) and physical, mental and social factors in community-dwelling elderly people.<br/><b>Methods</b> The subjects comprised 428 residents aged 70 or over living in Kusatsu-machi, Gunma, who took part in an interview and tests of physical fitness as part of the "NIKKORI-KENKOSODANJIGYO". Data for 330 out of the 428 residents were adopted for this study. The PAL was evaluated with a questionnaire developed by Naito et al. (2003). Subjects were interviewed on physical, mental and social functioning including the Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology (TMIG) Index of Competence and cognitive function (Mini Mental State Examination: MMSE). Physical fitness tests included assessment of handgrip strength, usual and maximal walking speed, and one-leg standing balance with eyes open.<br/><b>Results</b> Correlations between PAL and the TMIG Index of Competence, physical (e.g. physical fitness), mental (e.g. depression) and social (e.g. roles at home) factors, and smoking status were significant by ANCOVA adjusted for age and sex. Analysis using a general linear model indicated that smoking status, usual walking speed, depression, roles at home, frequency of going outdoors and visual impairment all together explained 13.5% of the PAL variance.<br/><b>Conclusion</b> The findings indicate that PAL in the community-dwelling elderly aged 70 years or over is associated with physical, mental and social factors.

収録刊行物

  • 日本公衆衛生雑誌 = JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH  

    日本公衆衛生雑誌 = JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH 53(9), 671-680, 2006-09-15 

    Japanese Society of Public Health

参考文献:  43件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  12件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018297758
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05461766
  • NDL 記事登録ID
    8091997
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-216
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ