カリフォルニアの無料乳がん検診プログラム Program of Free Breast Cancer Screening in California

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 林 俊矢 HAYASHI Toshiya
    • カリフォルニア大学サンフランシスコ校, Institute of Health and Aging University of California, San Francisco, Institute of Health and Aging

抄録

カリフォルニア州の乳がん無料検診プログラムは, 連邦政府 (国立疾病予防センター, Centers for Disease Control and Prevention) の補助金とタバコ税を資金として, 1991年から15年間に渡って低所得者層を中心に延べ178,000人 (2003年現在) の女性に無料検診を提供してきた。この小論では, カリフォルニア乳がん検診プログラムの受診資格, プログラムの組織と機能的役割分担, 財源と支出の概要, カリフォルニア州のマンモグラム受診率と乳がんによる死亡率の推移などについて概説する。

The State of California has a breast cancer early detection program for underserved California residents since 1991, funded by the Centers for Disease Control and Prevention and the state's cigarette taxes. As of 2003, a total of 178, 000 women has received free breast cancer screening. In this paper, the California's program is briefly described, about its eligibility criteria, organizational structure, funding sources and expenditures, and the trends in the percent of women who receive mammogram and the breast cancer mortality rate.

収録刊行物

  • 日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening  

    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 15(3), 248-253, 2006-10-25 

    Japan Association of Breast Cancer Screening

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018297984
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398771
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09180729
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ