検診施設における品質管理の実態 : マンモグラフィ Mammography : Actual Conditions of Quality Control in Breast Cancer Screening Facilities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 寺田 央 TERADA Hiroshi
    • 大阪警察病院付属人間ドッククリニック Department of Radiology, Osaka Police Hospital "Ningen Dock" Clinic

抄録

マンモグラフィ装置は可能な限り適量の線量で最適な画像が得られるように設計されている。しかし, 基準を満たした撮影装置, 機器を導入したからといって, 直ちに良い画像が得られるわけではない。常に画像を高いレベルで維持するためには, 日常的, 定期的な品質管理が必要である。<BR>今回, マンモグラフィ検診施設における品質管理の実態と問題点について述べる。

Mammography equipment is designed so that optimal images may be obtained as far as possible with an appropriate radiation dose. However, good images may not necessarily be obtained immediately after the introduction of dedicated mammography equipment and apparatus that meets the current standard.<BR>In order to maintain imaging at a consistently high level, daily and periodical quality control is required. The actual conditions and problems of quality control in mammography screening facilities are described.

収録刊行物

  • 日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening  

    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 15(3), 254-259, 2006-10-25 

    Japan Association of Breast Cancer Screening

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018297985
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398771
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09180729
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ