検診施設における品質管理の実態 : 超音波 Quality Control of Breast Cancer Ultrasonography at Screening Institutions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

検診施設における品質管理を, 検者間差がなく, 常に一定レベル以上の異常所見の指摘と, その特徴を捉えた画像の提出ができることと定義し, 当院で行っている乳癌検診に適した超音波診断装置の基準やその画像調整に加え, 再現性の良い検査法の具体的な取り組みについて報告する。<BR>乳癌検診での超音波検査の目的は, 限られた時間で多くの被検者に対して検査を施行し, 効率よく病変の有無を検索することにより, 画質を多少犠牲にしてもリアルタイム性を確保することが重要であり, 特に1) 探触子の中心周波数, 2) ゲイン, 3) ダイナミックレンジ, AGC, 4) STC, 5) フォーカスの画質設定の効果が高いと考えている。<BR>また, 探触子を皮膚に対して常に垂直にあたるように操作することが品質管理においては重要なことである。その対策として, 患者の体位を工夫し, 検者が安定した体勢で検査を行うこと, 合わせてエコーゼリーの使い方や探触子の操作スピードについても注意が必要であり, 当院では簡単に垂直にあてられ, 一定速度で検査を行うため探触子にアダプタをつけることで同一品質の画像が得られやすくなったと考える。<BR>超音波検診における品質管理の実態として, 未だ統一された基準がないのが現状であり, 多くの部分で検者間の熟練度による手技の差が, 職人技の1つとされていたことも否定できないが, このような品質管理を行うシステムの構築は客観性向上に対しても寄与できるものと期待される。

Quality control of breast cancer ultrasonography screening aims at high sensitivity in the detection of abnormal findings, and presentation of characteristic imaging features that are universally obtainable without interobserver difference. We present details of our own trial on how to manage ultrasound instrumentation, ultrasound imaging technology, and practical procedures conducted at our clinic.<BR>As mass screening must be carried out efficiently on many participants with high rates of detection of abnormal features within a limited time, some reduction of image quality is inevitable. We tried controlling the machine settings, particularly (1) the main frequency of the probe, (2) gain, (3) dynamic range and AGC, (4) STC and (5) focusing. Since the probe must always be oriented vertically to the skin surface, care must be taken to ensure that the screenee adopts a correct posture, the examiner maintains a stable position, and that the use of conductant jelly and the movement speed of the probe are appropriate. By adding an adaptor to the probe, we were able to obtain high-quality figures easily and constantly.<BR>High-quality ultrasonography screening still depends to a large degree on an examiner's skill and experience. Development of standard settings for ultrasonography machine instrumentation and techniques for ultrasound imaging is important in order to obtain objective findings without differences among participating institutions.

収録刊行物

  • 日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening  

    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 15(3), 260-267, 2006-10-25 

    Japan Association of Breast Cancer Screening

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018297993
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398771
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09180729
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ