MES系ラットにおける好酸球増多症の第3の原因遺伝子は第1番染色体上に存在する A Third Locus for Eosinophilia on Chromosome 1 of the MES Rats

この論文をさがす

著者

    • 森 政之 MORI Masayuki
    • 信州大学大学院 医学研究科 加齢適応医科学系専攻 加齢生物学分野 Department of Aging Biology, Institute on Aging and Adaptation, Shinshu University Graduate School of Medicine
    • 樋口 京一 HIGUCHI Keiichi
    • 信州大学大学院 医学研究科 加齢適応医科学系専攻 加齢生物学分野 Department of Aging Biology, Institute on Aging and Adaptation, Shinshu University Graduate School of Medicine
    • 松本 清司 MATSUMOTO Kiyoshi
    • 信州大学ヒト環境科学研究支援センター 生命科学分野 動物実験部門 Division of Laboratory Animal Research, Research Center for Human and Environmental Sciences, Shinshu University

収録刊行物

  • Experimental animals  

    Experimental animals 55(5), 497-500, 2006-10-01 

    Japanese Association for Laboratory Animal Science

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018308005
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11032321
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13411357
  • NDL 記事登録ID
    8089742
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z54-H752
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ