3本ロールミルによるラッコールを用いた酵素反応型塗料 The Paints by Enzymatic Reaction Using Laccol on Three-roll Mill

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 安藤 信幸 ANDO Nobuyuki
    • 京都市産業技術研究所 工業技術センター Kyoto Municipal Industrial Research Institute, Industrial Technology Center
    • 大薮 泰 OYABU Hiroshi
    • 京都市産業技術研究所 工業技術センター Kyoto Municipal Industrial Research Institute, Industrial Technology Center
    • 宇山 浩 UYAMA Hiroshi
    • 大阪大学大学院 工学研究科 物質化学専攻 Department of Materials Chemistry, Graduate School of Engineering, Osaka University

抄録

ベトナム産漆より単離, 精製したラッコール, タンパク質加水分解物, Myceliophthora由来のラッカーゼの3成分を3本ロールミルでW/Oエマルション化することにより, 固型分80% (揮発成分は水) の乾燥性が良好な酵素反応型塗料を作製することができた。得られた硬化膜は光沢があり, 塗膜物性も良好で3本ロールミル精製の特長を発現していた。この手法を用いることで漆の代替塗料としてではなく, 一般汎用塗料としての用途の可能性を見出すことができた。この塗料は有機溶剤を含まない常温硬化型との意味ばかりではなく, 資源作物, 資源植栽の観点からも環境対応型塗料として期待がもてる。

A water-in-oil type emulsion was prepared from laccol from Vietnam urushi (Rhus Succedala L.), a protein hydrolyzate, and laccase derived from Myceliophthora, by three-roll mill. We were able to make the paint by enzymatic reaction of urushi which had 80% nonvolatile content and good drying character. The obtained hardened film had high gloss and good physical properties that were characteristic of three-roll mill processing. <BR>The possibility of the usage not as alternative paints of urushi but as general-purpose paints was suggested. This paint is expected as environmentally-friendly paints from the viewpoints of not only the ordinary temperature hardening and organic solvent free but also resources crops and resources planting.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 79(10), 438-441, 2006-10-20 

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018309842
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    8549837
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ