携帯型位置情報端末を用いた観光行動動態の時空間データマイニング : 箱根地域を事例として Spatial and Temporal Data Mining of Tourists' Behavior Dynamics by Handheld Positioning Devices : A Case Study in Hakone

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,時空間クラスタリングとハイブリッド階層クラスタリングを組み合わせた時空間データマイニング手法を提案し,携帯型位置情報端末を用いた観光行動動態のクラスタリング分析を行った.観光行動動態の相関性を考慮した,個人属性と観光動態の相関性を考慮したクラスタ数の自動検出方法も用いた.箱根地域での日帰り・宿泊観光客を対象とした観光行動調査を行い,提案した手法を適用した.分類の結果,日帰り客は18クラスタ,宿泊客は24クラスタに分類された.その結果,観光客の宿泊形態に応じて,「何時台にどのような属性の人がどのような観光地点に立ち寄る傾向があるか」という程度ではあるが,個人属性の組み合わせに応じて観光動態が多様であることを明らかにすることができた.更に,個人属性・観光動態のタイプによって,情報媒体・観光情報利用が特徴付けられることも示された.観光行動動態のクラスタリング結果から,観光行動動態や情報媒体の利用傾向に応じて,観光客ターゲット毎に混雑情報やルート情報を観光施設情報とともに提供することの有効性が指摘されたといえる.

This study aims to propose a data mining method that integrates a spatio-temporal clustering and a hybrid hierarchical clustering in order to produce clusters on tourists' individual attributes and their behavior dynamics obtained by GPS. First of all, tourists' behavior survey is conducted in Hakone area. Secondary, the proposed clustering method is applied. The number of clusters are detected automatically by maximizing averages of each cluster's correlation of individual attributes and spatio-temporal kernel density. Then, 150 one-day trip tourists are clustered into 18 types and 239 two-days trip tourists are clustered into 24 types. It is also indicated that each cluster's features relates tourists' usage of tourism related media and travel information.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(3), 1-6, 2006-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018314481
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8565857
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ